手作りパンが、しょっぱい理由がわかりました。

パン作りで、なぜか塩加減が上手くいきませんでした。

本のレシピ通りに計量しているのに・・・

ところが、意外な場所で、その原因がわかりました。

これまでは、パンの材料を計量する時に、姉のキッチンスケールを借りていました。

キッチンスケールとは、料理用のデジタル量りのことです。

本格的にパン作りを始めるには、いつまでも借り物ではダメです。

そこで自分専用に購入を検討することにしました。

早速、近所の家電量販店へ見に行きました。

キッチンスケールのコーナーを見ると、いろいろ種類があります。
値段も様々です。

そこで気付きましたーーー!

安いキッチンスケールは、最小表示が1gですが、
箱の説明を読むと、なんと誤差が±3gもあることがわかりました。

強力粉のように数百g単位の材料なら、それほど影響はありませんが、
塩のように数g単位の材料では、誤差が大きすぎるのです。

値段の高いキッチンスケールは、微量モードがあり、最小表示が0.1gです。



さすがに誤差も小さいので、パン作りや、ケーキ、お菓子作りには、このようなキッチンスケールが必要だったのです。

普段は料理をしないので、まったく知らなかったw

料理をする人にとっては、常識なんでしょうね。

手作りパンがしょっぱい原因が、キッチンスケールの最小表示と、誤差だったとは・・・

無知なため、遠回りをしてしまいました。

とりあえず原因がわかったので、一歩前進です。

ps:
その後、姉が安いキッチンスケールをもう一台もっていることがわかり、
もったいないので、もらう事にしました。

最小表示は1gです。

でも大丈夫です。良い方法を思い付いたからです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






初めてのパン作り TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。