パン作りの基本レシピを改良 その2

パン作りの基本レシピを、またちょっと改良しました。

ある課題を解決するためです。
パンの焼き色が、まだ薄い。
パンにふっくら感が足りない。

基本的なパンのレシピ

■材料
・強力粉 250g
・水 140ml ぬるい程度
・砂糖(上白糖) 大さじ1杯半
・塩 小さじ(1cc) 1杯半
・オリーブオイル 大さじ1杯
・ドライイースト 3g×2袋

■一次発酵20分
■二次発酵20分
■オーブンレンジ 210℃ 13分


強力粉だけは、キッチンスケールで量ります。

水は計量カップです。

その他の材料は、計量スプーンです。

計量スプーンは、基本的に粉の場合は、すり切りで量ります。
液体の場合は、表面張力があるので、盛り上がる程度に入れます。

砂糖、塩、オリーブオイルは、味の好みで増減してください。

私はこの量でやっているというだけです。

今回の改良点は、
オリーブオイルを増やしたこと。

それにより、パン生地をまぜる時に、まとまりやすくなります。

また、オーブンレンジでパン生地を焼く時、
温度を少し上げて、逆に時間は短くしました。

書店でたまたま見たパン作りの本の中に、

電気を使うオーブンレンジの場合は、ガスに比べて火力が弱いので、
温度は高めに設定したほうが良いと書かれていたからです。

それでも焼き色が薄い場合は、
時間を延ばすのではなく、温度を上げたほうが良いとの事でした。

ということで、上記のような基本パンのレシピになりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






初めてのパン作り TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。